不動産の買い替え、購入と売却どちらが優先?

家を購入して生活をしていた人が、結婚や出産、あるいは転勤、定年後のライフスタイルの変化などにより、家の買い替えを考えることも少なくありません。
そういった際に、重要なポイントをいくつか挙げてみます。
まず、家の買い替えを考えた時に、新しい不動産を先に購入するべきか、それとも今住んでいる不動産を先に売却すべきか悩みがちです。
その際には家の買い替えは、必ず、売却を優先しなければなりません。

家を売る

家を売る前に、つい新居購入を優先しがちです。
今の時期の売却で注意しなければならないことは、バブルの時期に買った家です。
それは不動産の相場が当時よりもかなり落ちているので、売却すると損が出てしまう可能性があります。
それ以外の時期の不動産であれば、今が買い替えのチャンスです。

自宅マンションの販売を成功させるコツとは

自宅マンションの販売を成功させるために売主がしておくべきことをいくつか挙げてみます。
まずマンションが売りに出されると、見学を希望する人が出てきます。
上手く販売に結びつけるためには、そこでの印象が最大の鍵になります。
まず清掃が行き届いているかどうか。
特に水回りを綺麗に使っている家は非常に印象がよくなり、販売に結びつくので、最も力を入れるべきところです。
無駄な物は片付けて整理整頓し、部屋をすっきり見せて広々と感じさせることも重要です。
そして室内は、カーテンを開けたり、電気をつけておくなど明るさを強調することが大切です。
見学者にとにかく好印象を持っていただくには、部屋の換気を十分して生活臭を消しておくのもコツです。
そして、誠実で丁寧に対応をし、余裕をもった気持ちで接するように心がけましょう。

捨印とは?

皆さんは『捨印』をご存知ですか?
捨印とは、契約書などの書類に『ある程度の訂正を入れてもいいよ』という旨を了承する判子のことで、相手に訂正する権限を与えるためのものです。
たとえば名前の書き間違いや住所の間違いなどですと、いちいち本人に変更してもらうよりその契約書を持っている人が訂正した方が早いですよね。
こういった書き間違いなどがあれば修正していい、ということで捨印を押す欄があるのですが、押す書類によってはとんでもない落とし穴が潜んでいることもあります。
というのもこの捨印のシステムには、修正できる内容や範囲についてはとんでもなくアバウトなんです。
きっちりと決まっていないために勝手に契約内容を変更されたり、金額を変更されたりなどといった不正行為が行われる可能性があります。
変更後にそれが法律的に認められる可能性は低いとはいえ、捨印を押す際には十分に注意しましょうね。
【要チェック】 こちらのサイトで印鑑作成

現在の印鑑制度はいつごろから始まったのか?

「実印が捺印されている文書を公文書として認める」という現在の印鑑制度はいごろから始まったのでしょうか?
明治6年(1873年)10月1日に発せられた太政官布告には、「実印が捺されていない公文書は裁判において認められない」ことが明記されています。
もともとは、さかのぼる律令時代において「公文書には実印の捺印が必要であると」とされており、約1000年の時の流れを経て、官印制度が復活しました。
明治時代、当時の政府は印鑑制度と共に、欧米のサインも併用していこうと考えていたようです。
しかし、サイン方式は日本の社会に馴染まないまま終わってしまい、印章を最重視する社会的慣習が完全に定着したのでした。
あまり知られていませんが、10月1日は「印章の日」となり、印章業界では「印鑑が正式に市民権を得た日」を記念して、毎年記念行事祭を行っています。

突然乾燥肌になった私がたどり着いたスキンケア

私は25歳くらいから急に肌質が変わり、オイリー肌だったのが
カサカサと乾燥するようになりました。
最初はテカらなくなったのが嬉しかったのですが
別の悩みが出てきました。
痒みです。乾燥して、顔が痒いんです。
これは初めてのことでした。

そんなわけで、今までのスキンケアが全く合わなくなったので
急いで保湿力の高そうなスキンケアを探すことになりました。

妹に相談したのですが、
メディプラスゲルというコスメを紹介してもらいました。
それもまた私の肌にはかなり合いました。
少しの量でかなりの保湿力があります。
しかも付けたあとはサラッとしてます。
前髪もサラサラのままです。
ちょっとお高いですが、少しの量で大丈夫なのでそこそこコスパも良いと思います。

メディプラスゲル

肌の乾燥で悩んでいる方の、何かの参考になれば幸いです。

日本で働く外国人看護師

日本では何十年にもわたって、看護師の不足が議論され続けています。
そして2006年、ようやくフィリピン人の看護師志願者の受け入れを承諾したという経緯があります。
しかしあおれから8年が経っていますが、外国人看護師は一向に増えていません。
その原因として、厳しすぎる日本の看護師取得制度があります。
日本に来る外国人は、自国で看護師の資格を取得している人たちです。
看護師の資格があれば保健師として働く事もできます。

リーダーの条件

会社に入って仕事をしているといつのまにか組織をまとめなくてはいけない立場になっていることに気づきます。
業務だけではなく複雑な人間関係なども勘案して最高の成果が得られるようにするには並々ならぬ苦労が伴います。
人望がないリーダーには周りがついてきてくれませんが、人気取りばかりに気をつかっていると、舐められて業績悪化などということにもなりかねません。
書店にいってリーダー論などの書籍を買い込んでみてもなかなか現実は本に書いてあるように上手くは進まないものです。
「上司は気分でものを言う」なんて本が流行りましたが、やはり一番大事なのは公平性、気分で仕事をしないことではないでしょうか。
好き嫌いで人を差別せずに常に公平な目で冷静に対処する。
基準がきっちりしていれば厳しくしても下から不満が上がることは少ないはずです。

ピンセット脱毛の注意点

エステ通いは目標だけど高価すぎてまだまだだって人がついつい安価なので手を出してしまうのが、ピンセットそう毛抜きですね。
地味な作業ですが確実に抜けますし、なんと言っても安くて済みます。
しかし、なぜ安価なピンセット以外の物を世間は求めるのでしょうか?
それは、ピンセットだと痛みに耐えてもすぐにまた生えることなどがありますし、仕上がりが鳥肌が立っているようにも見えるからです。
やっぱり脱毛エステの仕上がりには及びません。
脱毛エステはキャンペーンをやっている事が多いので利用してみましょう。積極的にキャンペーンを利用する事でかなりリーズナブルに脱毛できます。

生き甲斐について考える

人生には、絶対に「生き甲斐が必要」だという人がいます。
しかし生き甲斐がなければ、生きていくことが難しくなるのでしょうか。
私はそう思いません。
何故なら、生き甲斐は自分自身が幸せになる1つの手段に過ぎないからです。
仮に生き甲斐があったとしても、それが絶対に届かない理想的な生き甲斐であるなら、追いかけないほうが良いのではないでしょうか。
追っても追っても届かない生き甲斐は、単に空想でしかないからです。
私は、生き甲斐についてこう考えます。
生き甲斐を追いかけるのではなく、生き甲斐を感じる心を持つことが大事だと…。
そして生き甲斐を感じる心は、自分自身で育てていくものだと思います。
そうすれば、より良い人生を歩んでいけるのではないでしょうか。

どうしても借金が払えなくなってしまったら

お金を借りるときには誰しもが、「これくらいの額なら返せるだろう」と思って手を出すもの。
しかし、予定が少し食い違ってしまったために、もう少し、あと少しと借金を重ね、気がついたら利息分の返済すら滞るようなハメになっていたという話は跡を絶ちません。
不運にも、どうしても借金が払えなくなってしまったら、逃げたり隠れたりせず弁護士などに相談するべきです。
自己破産など様々な法的な手続きをとってくれます。自己破産の他にも任意整理や個人再生といった手段があります。